ジャンプNEXT!!2015vol.1感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/03/17(火)
ジャンプNEXT!!2015vol.1感想
*黒子のバスケ EXTRA GAME 藤巻忠俊
桃井の顔どうした。能面っぽくなってんぞ。
まあそれは置いといて番外編第2話。キセキの世代以上という箔が付くと敵の強さが際立ってきていいな。
悪役描写がやり過ぎ感あるけど、まあ短期間でキャラ立てるならこんなもんか。
今回は先制パンチを決めて終了。次回からの本格的な試合が楽しみだ。

重力ごうをせーす! 植村達也
ジャンプトレジャーで「CYBOZU」を掲載してる人。
SF時代劇よりはだいぶ良くなってるとは思うんだけど、絵は上手いほうじゃないし話も盛り上がりに欠ける。
キャラは3人とも立っていて良いキャラなんだけど、それだけで武器になるほどじゃないしなあ。
柔道を川に例えるのはちょっと無理やり過ぎる気がした。
何かが飛び抜けて足りないというよりは全体的に一歩足りてないような印象なので、色々と頑張って欲しい。
後「ん」をほとんど「ン」にしてるのは何がしたいの。気になって仕方がない。
「CYBOUZ」もこっちも全キャラがそうだからキャラ付けでもないだろうし意味がわからない。
読む上でノイズにしかならないからとりあえずやめて欲しい。

OUT GEAR FULLCOLOR ボビー大澤
「RAVE」「FAIRY TAIL」で有名な真島ヒロ先生のアシスタントを長年勤めた人。
「RAVE」のほうしか読んだことないけど、絵柄に真島ヒロ先生の影響が強く見られる。
魔剣の設定もなんとなく「RAVE」を彷彿とさせる感じで、さすがに影響受け過ぎじゃないだろうか。
とはいえ絵の方は一級品。迫力あるバトルをかけてるし、何をしているのかも分かりやすい。
十分中世風ファンタジーを描ける画力で、連載陣に混じっていても何の不思議もないレベル。
雰囲気的に別マガ辺りの打ち切りファンタジーな感じはあるけど、話も悪くはなかった。
戦いにも食事にも洗濯にも使える魔法って汎用性あって楽しそう。
あえていうなら姉ちゃんの魔法もっとフィーチャーしとけと思うけど、まあだいたい無難だったと思う。
王道でやっていける人だと思うので次のも期待したい。

ガッチャンコ! 臼井彰一
ジャンプトレジャーで「恋する閻魔サマ」を掲載してる人。
ちょうど1年前のジャンプNEXT!!2014vol.1では「それいけ!隠しコマンド課」を掲載した。
絵が上達して来ていて、あと少し上手くなって一歩間違えれば少年向けに人気でそうな絵になったけど、それでも低年齢向け過ぎねえかな。コロコロに載ってても違和感ない。
刀やハサミと合体した→強いって何言ってるんだ。いくら形変えられるからってどう考えても銃のが強いだろ。
別に強力でもなく、しかも18歳までで消える能力で世界征服とかハッタリにしても無理があるんじゃなかろうか。
主人公が弱い弱い言っている接着剤出す能力とかどう考えても強いのもそうだけど、作中のテンションに乗り切れない。
後はいくら少年向けだからって適当に憲法とか言い出さないで欲しい。そんなんだから憲法を凄い法律みたいに思う奴が出てくるんだ。
それと物と合体する病気って設定がまんま「バイオーグ・トリニティ」。
絵もストーリーも微妙なのはしょうがないんだけど、設定まで被るのがあると厳しいものがある。
前回よりはマシになっているけど、それでも連載はまだまだ遠いんじゃないかと思う。

ヤマトと右腕-H&W財団事件実録- 修行コウタ
ジャンプNEXT!2013SPRINGで「DEMI DRAGON-異聞西遊記-」を掲載した人。
絵の上達っぷりが凄まじくて驚いた。すげえ上手くなってんな。
話のほうはまあ普通なんだけど、これだけ見栄えがいいとそれだけで印象が全然違う。
バトルも敵がなかなか手強かったところが好印象。
七つ道具のうち3つを見せるのは大盤振る舞い過ぎる気がしたけど、まあNEXTの読み切りだからだろうな。
今回ので連載になるかはわからないけど、これだけ絵が上手ければそのうち本誌に来るだろうから楽しみにしていよう。

たくあんとバツの日常閻魔帳 井谷賢太郎
「銀魂」のアシスタントの人らしい。セリフ回しやキャラ作りから銀魂らしさが見えるので、本当なら納得。
読み切りが掲載されたのは今回が初のはずだけど、将来有望だなこの人。
絵は十分上手いしとても見やすい。セリフ回しも銀魂ほどじゃないにしろなかなか上手い。
後は何よりキャラがいい。主人公もヒロインも、ギャグとシリアスをこなせるバランスがいいし好感度高い。
話のほうも王道ながらキャラの魅力を引き出せてて良かったんじゃないかな。
ただところどころ場面転換がわかりづらくて凄い読みづらい。扉絵の自己紹介とか読者に紹介してるの最初わからなかった。
回想が終わった後主人公がキレるところは、モノローグが回想からそのまま続くから最初回想の中でキレてるのかと思った。
終わりのところのケツから顔出すところも直接つなぐのはちょっと違和感がある。
後は主人公が鬼だという設定も唐突感があった。もっと何か伏線があってもいいのでは。
まあでも欠点に思えたのはこのくらい。他は総じて素晴らしく、今回の中では1番の出来。
そのうち本誌で見るだろうな。次も楽しみ。

番外編
ハイキュー……山口くんの意外な一面。しかしなんでこんな面白く無いのだろう。
ヒロアカ……タイツだったのかよ!!
斉木楠雄……昔は子供らしかったんだな。面白かった。

SOUL CATCHER(S) 神海英雄
金井淵編がまだ続くのは意外だった。
演出のエスカレートに伴って熱量も上がっていく感じで楽しい。
総力戦でVS金井淵みたいな展開が楽しかった。
次回も楽しみ。

スケダチ!ぼくのおいなりさん 脂小路蝉麿
ジャンプNEXT!!2014vol.1で「選ばれざる者」vol.3で「うさぎどんとくまどん」を掲載した人。
ギャグ漫画からギャグのあるストーリーものに微妙にジャンルを変えて再登場。
ギャグ漫画のときのキレに比べると今回はちょっとイマイチな感じかなあ。
絵はまあ元々そこそこ上手いので悪くはないんだけど、ギャグ枠じゃなくなると特別うまくもない。
話も悪くはない程度で特別際立った良さもなかった。
ところどころのギャグはいい感じ。さすがGBR覇者。
ギャグのときからそうだけどキャラがいいのはこの人の武器だと思う。
マナーの虎と言われるほどマナーに厳しい主人公の突き抜けっぷりが好感持てた。
幼なじみとお助けキャラも、敵キャラのキャラもどれも好きだ。
前2作から見るともっと面白くなれそうな感じはあるんだけど、今回のもそれなりによかった。
次にも期待。

べるぜバブ 番外編 田村隆平
なんと突然の最終回。まだ終わらないかまだ終わらないかと思ってたけど、いざ終わるとなるとそれなりには寂しい。
いや終わってよかったとは思うけれど。
最終回は親父に発破をかけるタイムスリップからの再契約ネタ。
やり直せるけど、やっぱりやり直さないことを選ぶぜというのは定番だけどいいものだね。
前にも似たようなのがあった気がするけど、まあべると男鹿の出会いを最後に持ってくるのは綺麗なのでよし。
最後に赤面したヒルダも可愛かった。
そこまで好きだったわけじゃないけれど、最後まで楽しく読めた。
田村先生お疲れ様でした。

ぼくらのQ 市真時系
ジャンプトレジャーで「ルーザーゲーム」を掲載してる人。
ジャンプNEXT!!2014vol.5では「ゲリラ食堂」を掲載した。
投稿作で頭脳バトル、NEXT初掲載でギャグ、2回目の掲載でデスゲーム風バトルとせわしない人だな。
まあ描ける幅が広いのはいいことなんだろうけど。
今作は謎の球体の出すクイズに答えるごとに能力が強化されていくという異色の能力バトル。
この発想は素晴らしいな。独創的で面白い。
話の流れも違和感なくて、自分の異常を、万一バレたとしても構わない幼なじみに、自然な流れで確認させるというのが凄い良かった。
問題の答えを思いつくのは基本幼なじみがきっかけというのも、主人公が幼なじみを大切に思っていることをさりげなく表現出来てていい。
人はなぜ生きるのかという決まった答えのない質問に、一つ納得の行く答えを示せたのは素晴らしい。
後は画力が連載するには全く足りていないので、そこだけ良くなればそのうち連載も狙えるんじゃないかと思った。
次はどんなジャンルで来るのかわからないけどとりあえず楽しみだ。

PACK 春宮洋介
絵は上手いんだけど人気出るとは思えないデザインというたまに見るタイプの漫画。
機械とか背景の書き込みは凄いし、古めかしい画風で硬派な漫画書きたいのは分かるんだけど、気持ち悪いデザインはやめようよ。
話のほうは主人公が悪人ぽくてどう展開していくのかなと思ったんだけど、盗みはするけど殺しはしないとか言われちゃなあ。
やってることは人助け系主人公と大差ないので、本当に単なる王道という感じしかしない。
話ができる赤ちゃんもそれを活かした展開があんまりピンと来なかった。ミサイル回避で頭の良さ表現されてもちょっと微妙。
まあ母親から赤ちゃんを奪い取るという悪役描写には一役買ってたとは思うけれど。
話は良くある王道系だし、武器であろう画力も見栄えが良くて絵が上手いのが揃ってる今回のNEXTじゃちょっと埋もれる。
政府と主人公のやりとりはちょっと好きだった。
とりあえずは次回に期待しよう。

七瀬島~ヒロキの日常~ 大松亨祐
特殊な能力を持つヒロインが平和な島で受け入れられて~的な話かと思ったらそんなことはなかった。
いや主人公の身体能力が以上に高いんだろうなとは思ったけどUFO一撃はさすがに驚いた。
主人公が特殊だからヒロインの特殊さも受け入れられるってアンサーは納得が行くし気持ちよかった。
人類の切り札的な存在だったはずのヒロインがUFOに歯が立たないのは斬新。
仮に従順にUFOと戦おうとしたとしても勝てなかったと思うと空恐ろしい。
後はテレビがあるはずなのに、UFOを初めてみたような反応だったのは気になった。この島にはニュースが流れねえのか。
最後のスタバオチは日常感あって大好き。
31Pでよくまとまったいい作品だった。

峰打ち侍 山崎直樹
NEXT恒例サムライ枠。トレジャー受賞作がそのまま掲載された作品。
まず絵が全体的に黒くて何やってるのか非常に見づらい。
その上コマ割りが独特、見開きでもないのに本ののどをまたぐコマを多用とわざとやってんのかというくらい読みにくい。
絵は荒いけど迫力はあるし、話もまあそこそこなんだけど、ひたすら読みづらいので素直に物語に入り込めなかった。
不殺を貫く主人公は、実は姫の呪い? で刃の方でも切れない刀を振るっていたという設定は面白かった。
ただ、るろうに剣心みたいに不殺のために逆刃刀を使っているというなら、鉄の塊でぶん殴っても死なないのは設定として一貫してるからいいと思うんだけど、今回のみたいに殺すつもりで鉄の塊で人ぶん殴ったらそりゃ死ぬべきなんじゃねえかなあ。
なんとなくそれが引っかかって話に入り込めなかった。
後は最後主人公が峰打ち侍を引退した意味がわからない。ようやく自分の意志で峰打ちするようになってそこから始まりなんじゃねえのか。
刀譲った女がそんな強いような描写もなかったから、いきなりの展開についていけなかった。
新人ゆえの粗さということなのかもしれないけど、まあ悪くはなかったと思うので次に期待。

Zombie Life 杉本壮平
トレジャー受賞作がそのまま掲載された作品。
なんでこれをジャンプでやろうと思ったのかいまいちわからん。
ゾンビになったじいさんの末期に至るハートフルライフという感じで、確かにいい話ではあるんだけど。
部外者に村を荒らされたことで村に残った理由を思い出すのはいいんだけど、それならそれで村への思い入れをもっと描いとくべきだったんじゃなかろうか。
嫌いじゃないけど少年漫画らしさがなかったので、次は少年漫画らしいのを読みたい。

緊縛霊媒師佐渡原さん 根田啓史
定番のギャグエロ漫画。
クラスメイトの前でブリーフ一枚でSMプレイする主人公の自己犠牲精神には恐れ入る。
それだけでも笑いづらいんだけど、家族まで巻き込むのは色々取り返すがつかない感じがあってちょっと笑えない。
肝心のSMプレイの目玉が洗濯バサミ顔に挟んで引っ張るというのは拍子抜け。
亀甲縛りもただなんとなくやってる感があるので、もうちょっとはっちゃけてくれないと冷めた目で見てしまう。
題材的にもっとやれた感じがあるので色々と惜しい。

総評
絵が上手い作品がやたら多くて驚いた。
「OUT GEAR FULLCOLOR」「ヤマトと右腕-H&W財団事件実録-」「たくあんとバツの日常閻魔帳」「PACK」とかいつもなら1番か2番には上手いレベルの作品が揃っていて、他のもだいたい及第点。明らかに下手なのは「ぼくらのQ」だけだった。
その「ぼくらのQ」も話のほうが割とよく出来てるから十分楽しめたし、総じて水準が高い号だったと思う。

どの作品もそれなりに楽しめたけど、中でも「たくあんとバツの日常閻魔帳」は頭ひとつ飛び抜けてる印象。
絵が上手いのはもちろんのこと、話のほうもなかなかよい。キャラとセリフ回しは師匠譲りか洗練されてて、そのうち本誌で見るだろうなという感じ。
同じく師匠の影響が見られる作品で「OUT GEAR FULLCOLOR」は話以外の実力は素晴らしいんだけど、話含めて真島ヒロ先生の影響が強すぎるのがちょっと。
正直言えば師匠の魅力を上手く自分の作品に落とし込んだ作品と、師匠の模倣から抜け出ていない作品みたいな印象を受けた。
看板になれる可能性があるのは「OUT GEAR FULLCOLOR」だろうけど、現時点では「たくあんとバツの日常閻魔帳」に軍配が上がったかなという印象。

他には「七瀬島~ヒロキの日常~」が素朴だけど全体的に高レベルで、短いページなのによくまとめているなと思った。
「スケダチ!ぼくのおいなりさん」もそれなりによかったけど、事前の期待値からすると微妙かなあという印象。
後は画力一点突破な「ヤマトと右腕-H&W財団事件実録-」もこれだけ絵が上手いと印象に残る。

今回はどの新人も話なり絵なりキャラなりに武器を持っていて見ていて楽しかった。
隔月になったのにこれだけハイレベルな新人集めてこれるのは凄いなと思う。
連載作家枠は完全に無くなっちゃったのかなあというのが残念だけれど、まあ満足できる号だった。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
市真時系先生のは
8と96ではなく、ルーザーゲームでは・・・。
2015/04/04(土) 04:18 | URL | ニンフ #-[ 編集]
ニンフさん

ご指摘通りでコピペするときに間違ってコピペしていました。
ありがとうございます。
2015/04/05(日) 21:27 | URL | 窓間 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/661-22697827
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。