とある科学の超電磁砲第19話感想

アニメ感想、マンガ感想など好きなようにつらつらと書いてます
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/14(日)
とある科学の超電磁砲19話

タイトル「盛夏祭」
*文化祭みたいな盛夏祭。
寮単体でやるお祭りってのはどういう理由なんだろう。
メイド服姿の美琴は新鮮だったけど、あんまり似合ってる感じはしなかった。

憧れの女子寮ということではしゃいでる初春が可愛かった。
妙にハイテンションで、それでいて空回りしてる感がいい。
ステッチでは佐天も美琴もハイスペックだったなあ。
美琴ってこういうキャラの割には日常家事的なのも高い水準でこなすよなあ。
お嬢様っていうと余計出来ないイメージがあるんだけど。

初春にとって頭の花飾りはどういう扱いになってるんだろう。
生花部の人たちに誉められて、照れるかと思いきや「何のことですか?」て。
花という括りじゃないんだろうか。
それとも怒っていてわざと無視したのか。
怒る理由が分からないけど。
窓辺で黄昏てるところは佐天がリセットしてくれて助かった。
どこ行ってるんだろうってのはきっと見てる人みんなの感想だと思う。

食堂で食事。あれがデフォルトなのか分からないけど、滅茶苦茶豪華だな。
初春はなんで砂糖のやつは勿体ながるのに、ケーキは躊躇しないんだ。
食べ物は食べ物と割り切ってるのだろうか。
ジャッジメントやってると、その辺ドライになるんだろうか。

チャリティーオークションで固法先輩がブランド品買いあさり。
黒子は黒子でいつも通りで、婚后は巫女服。
なんか今回キャラが加速してるな。
本性を表したというべきか、隠された設定を出してきたというべきか。
まあドタバタ回だし、楽しいといえば楽しい。

美琴のサプライズはやっぱりバイオリン。
ああいう服着るとお嬢様って感じがするな。
緊張してる美琴のところに上条さん登場。
相変わらずどこへでもフラグを立てにやってくるな。
記憶なくなってる時期だから美琴に対して敬語みたい。
ただいくら記憶なくなってるって言っても、ステージ裏にいる奴に迷子を聞くのはおかしいだろう。
それこそその辺にいる警備員にでも聞けばいいわけで。
フラグを立てなきゃいけないという使命感にでも襲われたんだろうか。

当麻とやりあって力が抜けた美琴は演奏を成功させる。
しっとりとしたバイオリンのメロディーからEDに入ってく構成は気持ちよかった。
まあ繰り返しになってるから好みもあるだろうけど、個人的には雰囲気の変化とか感じて好き。

今回ちょっと作画がいつもと違うような気がした。
作監さんが特徴的な人なのか、話の雰囲気に合わせたのかは分からないけど。
出て一瞬で強い印象を残す上条さんは見事。
顔すら出してもらえなかったインデックスとはエライ違いだ。
いや、本編のヒロインだからスピンオフじゃ出られないってだけなんだろうけどね。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://madoma.blog9.fc2.com/tb.php/70-e39f6be7
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
盛夏祭、常盤台中学女子寮が一般解放されるイベント。 なぜかメイド姿でお出迎え(笑) 記録係の黒子は美琴を激写、激写(^^; 招待され...
2010/02/14(日) | SERA@らくblog 3.0
常磐台中学校女子寮盛夏祭のお話。 今回も人物の絡め方が実にうまいですね。 禁書キャラの「誰を登場させるか」のチョイスも見事でした。 なんでメイド服で接待と思ってたんですが、指南役が舞夏とはね。 納得です(^-^) レギュラーキャラ陣は新たな面を見せてくれ?...
2010/02/14(日) | のらりんクロッキー
とある科学の超電磁砲 第2巻 <初回限定版> [Blu-ray]クチコミを見る 年に一度、常盤台中学女子寮が一般に開放され、寮生が招いたゲストの訪れる日――盛夏祭。寮生たちがメイド姿で接客するこの日は、メイド養成専門校の繚乱家政女学校の協力を得て、盛大?...
2010/02/17(水) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

 | Copyright © まどろっこしく All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
人気ブログランキングへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。